全く新しいセルフロック機構で小型・軽量・省スペース化を実現

最新情報

「アクト株式会社」について

日頃よりご愛顧いただき、ありがとうございます。

弊社製品を取り扱っておりました「アクト株式会社」(東京都江戸川区:代表者宮土欣)ですが、諸般の事情により、取引を全面的に停止致しました。過去同社よりご購入いただいたお客様で再度ご注文をお考えの場合、大変ご面倒ですが弊社窓口までご一報ください。直接お取引または、別ルートでのご案内をさせていただきます。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

info@shoji-lock.jp(弊社代表メールアドレス)

s.kabaya@shoji-lock.jp(営業担当メールアドレス)

「溶接」でお困りの方、いらっしゃいますか?

「最近溶接屋が廃業しちゃって頼むところ探してるんだよ」「ちょっとした1個2個の溶接頼めるところ無いかな?」「作業者が皆高齢で先が不安」「溶接専門業者自体減っちゃって、競争がないから値段がどんどん高くなっている」こんな声をよく聞きます。そこで弊社がお付き合いしている溶接屋さんにご協力いただき、このたび溶接のご注文を受け付けることになりました。まず、お困りの方は図面を弊社担当者までお送りください。お見積させていただきます。腕とコスパには自信あります。作業者も若く事業継続も問題なし。是非ご一報ください。

弊社担当者:蒲谷(カバヤ) メールアドレス:s.kabaya@shoji-lock.jp

2023年を振り返って

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

さて昨年の振り返りとなりますが、弊社にとって2023年は「変革」の年でした。年初にこのホームページを一新したのを皮切りに製品カタログも全面リニューアル。4月には営業窓口担当交代、それに伴い商流の見直し、各種改善を遂行致しました。さらに、新規事業としてベトナムをはじめとした海外での部品調達事業をスタート。約半年の営業成果が早くも出始め、今後明るい材料となりそうです。今年は昨年以上に明るく、社員一丸となって邁進していきたいと思います。弊社並びに弊社製品の益々のご愛顧、よろしくお願い致します。

お久しぶりのお客様からご注文いただきました。

今月に入り、2012年以来、2016年以来、2019年以来ご無沙汰していたお久しぶりのお客様から立て続けにリピート注文をいただき、出荷いたしました。特にセルフロック減速機SRM-005-11+ラックブロック合体タイプは(下写真左側)装置メーカー様から10年以上(2012年)経ってお見積依頼が入り、受注。また、減速機+モータビルトインタイプ(SRP-003-108)は海洋系の会社様から2016年以来の受注。さらにSLM-100-3.2+SLM-100D-3.2連動型ラックジャッキ4セットも商社様より2019年以来の受注となりました。弊社では各企業様の機密事項もあり、納品後の使用状況などの追跡が出来ておらず、1回きりのお客様からこのようにリピート注文が入ることが何よりの励みになります。今後もお客様との一期一会を大切に精進してまいります。

冬期休業のお知らせ

2023年12月29日~2024年1月4日までお休みさせていただきます。

製品ピックアップ:連結式ラックジャッキSLM-200D-3.0+SLM-200-3.0

手動専用ラックジャッキSLM-200-3.0を連結させ、2台同調しながら荷重を持ち上げたい(引き上げたい)というご要望に応えるべく開発。今ではリピートのお客様も増えております。今月も電子部品装置メーカー様に出荷致しました。1枚目の写真向かって右側、ハンドルの逆側からシャフトが出ていますが、これと向かって左側の入力軸をつなぐことによってハンドルを回すと2台のピニオンが同調し、ラック棒が同時に駆動します。中間軸のご用意はございませんが、お客様にて自由に設計していただけるようコンパクトボディとなっております。カップリングやユニバーサルジョイントで連結させることが多いようです。機種名は右側がSLM-200D-3.0、左側がSLM-200-3.0(標準品)となっており、基本2台1セットでの販売となります。正式機種名はSLMー200D-3.0+SLM-200-3.0となります。少々ややこしいですが、こちらでご用命いただきますようお願い致します。